【校長室より】朝の会話

朝、学校を回りながら、子どもたちとあいさつを交わすのが楽しみです。
「おはよう」「がんばっとるね」「集中しとるか?」
「おはようございます」「はい、がんばります!」
何気ない会話が、私を元気にさせてくれます。

11月3日,4日の土日を使って、1,2,3年とも外部の模擬試験を行いました。
また6日,7日は3年生の校内模試がありました。
3年生は、校内模試後に球技大会も行いました。

校内模試の朝、職員室前で自習している3年生に
「進学先を考える大切なテスト、がんばらんなんぞ」と話したら、
「はい。球技大会も楽しみです!」との返ってきました。
「勉強も球技大会も、すべてに全力で!」
今が大切な時、自分に負けるな!

【校長室より】海外研修

今日11月3日は1,2,3学年とも学校で外部の模擬試験を行っています。
自分の今の力を試す大切な模試です。
結果だけでなく、自分の今の状況を知り、振り返り、次に生かしてほしいと願います。

ところで、アメリカ海外研修の出発が約1ヶ月後に迫ってきました。
希望する36名は、12月8日から10日間、ニューヨークの語学学校や大学などで研修します。

本校の海外研修は今年で3年目ですが、毎回行き先(研修場所)が異なっています。
それは、本校独自の取組を模索しているからでもあります。
生徒が自分で考え行動できる研修を目指しています。
そのための事前研修も大切にしています。
(参加する生徒は感じてくれているかな?)

昨日(2日)は、出発前最後の保護者会を行いました。生徒も出席しました。
自ら進んで困難にぶつかる、その経験が自分を大きく成長させてくれるはず。
「大変だけど、がんばれ!」そんな思いで、会を見ていました。

【校長室より】学校で学習すること

早朝から、教室や廊下などで静かに学習している生徒が増えてきたように感じます。
特に3年生は、静かな中にも、時間を惜しむ様子、その気持ちから出てくる緊張感を感じます。
今のこの時間を、もっともっと大切にしてほしいと願います。

学校生活では、集団の力が一人ひとりの意識・行動に大きく影響します。
逆に、一人の甘え、軽率な気持ちや行動が、集団の力を大きく損ねてしまうこともあります。
結果は、決してひとりだけの力で起こるものではありません。

学校は、人と人との関係の中で、自分を鍛える場であり、人を思いやる心を育てる場です。
とても大切な場所と時間なのです。

【校長室より】先生もがんばっています

10月15日(月)中間考査中の午後、職員の校内研修会を行いました。
他校からも12名の先生方が参加されました。
中学校の先生方も2名参加されました(ありがとうございました)。

神戸常盤大学の栗岡先生に来ていただき、「新しい共通テストの方向性とこれからの高校教育」と題して講演をいただきました。
新しい共通テストは具体的にどのように変わろうとしているのか、それに対し、教師はどういったことに気をつけなければならないのか、多くのことを伝えていただきました。
「学ぶ」こと、「教える」こと、「伝える」こと、そして何より、教員としての学びに向かう姿勢を教えていただいたように思います。
たくさんの刺激をいただきました。

教育の動きが激しい今、先生もがんばっています。

【校長室より】生徒との懇談

今日13日は中間考査2日目、朝から学習する生徒の集中力がいつもと違います。
近くを通っても、そのことに気がつかない生徒が何人もいます。
心で応援しながら、静かに通り過ぎます。

先日、生徒会執行部6名と懇談する機会がありました。
学校祭が終わり、新しい企画にがんばってくれた生徒と話をしたいと思っていたのです。担当の先生が会を準備してくれました。

生徒たちから、「言い合いもしたけど、議論し、みんなで協力してつくり上げることができた」など、うれしい話がたくさん飛び交いました。
また、「砺波高校の課題は何かな?」と聞いたところ、「指示されたことはきちんとやろうと思っているけど、自分で考えて行動したり発言したりすることはあまりない」など、考えさせられる話もたくさん聞きました。
「生徒会は生徒全員のもの。この砺波高校をどうしていきたいか、みんなで考え、提案してほしい。協力するよ。」そう伝え、懇談を終えました。

率直な意見交換ができたこと、私にとってはとてもすてきな時間でした。
来てくれた生徒のみんなはどうだったかな?