学校家庭クラブ活動

9月15日(土)、1年生の家庭クラブ運営委員10名が、砺波市食生活改善推進員を招いて、「生活習慣病予防のための減塩スキルアップ事業」に参加しました。
野菜やキムチがたっぷり入った豚汁を調理して塩分濃度を測定したり、朝食の欠食や野菜摂取についてのミニ講義を受講したりして、自分自身の食生活を見直すよい機会となりました。

9月18日(火)、シリアに富山学校を開設されたサリム・マゼンさん(シリア出身、高岡市在住)に、家庭クラブが先生方や生徒に呼びかけて提供していただいた、クレヨンや鉛筆、ボールペン等の文房具1607点、Tシャツ等の衣類265枚を託しました。10月にシリアに送られます。

【校長室より】生徒のがんばり

10月1日、2日の学校祭(砺高際)に向け、生徒は計画的に動いています。
2日がかりで行う新しい試みです。
新たな企画に生徒会執行部は忙しそうです。
がんばっています。

現在の動きを「生徒会通信」として定期的に伝えてくれます。
「がんばってるね」
「はい、がんばります!」
さわやかに答えてくれます。

今年のテーマは「繋がる」です。
生徒みんなのがんばりと思いが、学校と家庭・地域をつなぐ、そんな学校祭になってほしいと思っています。
平日ではありますが、多くの方に、生徒の様子を見ていただければ幸いです。

2年研修旅行発表会

 9月10日(月)に8月下旬に行われた東京研修旅行の発表会が各クラスごとに行われました。
 2泊3日で東京方面に行きましたが、大学や企業など訪問先は個人によって異なりました。
 発表会では他の生徒の報告を聞くことにより、さまざまな訪問先で見たり聞いたりしたことを、みんなで共有できました。

 ある生徒の発表の感想
 インターネットなどで見たことと実際に見たり、聞いたりすることでは感じ方に大きな違いがありました。実際に大学を見る、観劇をする、先輩にお話を伺う、友達と東京の街を歩いてみる、このような経験は私にとって想像以上に刺激的で、東京研修を通じ、多くの学びを得ることができました。

第2回PTA理事会

 9月7日(金)の夜に自彊館学習室にて第2回PTA理事会が開催されました。各種大会の参加報告がなされた後、今後の予定(合唱コンクール、PTA研修会)について説明されました。
 その後、林校長から「教育はどう変わるか」と題して講演がありました。今の高校生がこれから生きていく社会は、学力だけではなく、コミュニケーション能力や主体性などがこれまで以上に必要とされ、学校での教育が変わることを講演されました。

2年課題研究

 2年では「総合的な学習の時間」を使って課題研究を行っています。
 1学期は「課題研究メソッド」を使用して、課題研究の意義や手法を学びました。
 9月6日(木)からはテーマを設定した本格的な課題研究がスタートしました。
 研究分野は国数英はもちろん、理科や社会、体育、家庭、芸術など多岐にわたります。
 6日は各分野ごとに分かれ、班決めやテーマ決めを行いました。
 毎週木曜日の「総合的な学習の時間」を中心に調査をすすめ、文理Ⅰ・Ⅱ型の生徒は11月14日にポスターセッション形式で、文理Ⅲ型の生徒は11月17日にプレゼンテーションソフトを利用してそれぞれ発表します。